カントリー家具-ブックシェルフ

オリジナルデザインのブックシェルフです。
直線の部分は夫に切ってもらいました。
曲線の部分のみ、電動ジグソーで自分で切っています。
このくらいのサイズなら、ジグソーでも直線部分を切れないこともないのですが、そのうち、丸ノコの使い方を覚えるつもりですので、今回はテーブルソーで直線部分を切ってもらいました。
テーブルソーは速いだけでなく、切り口もきれいです。
ジグソーはここまできれいには切れません。
丸ノコでも作業スピードは落ちますが、同じくらいにきれいに切れます。

カントリー家具の説明

カントリー家具の写真の説明

①の写真
部材が直角に切れているので、正確に接合出来ます。
接合には木ダボを使い、ねじ止めをしています。
仕上げはホルツラザーのオイル仕上げです。

②の写真
机の上に置く、小さなブックシェルフですので、全体の背板は付けず、幅の狭い物にしました。

③の写真
部材の角をトリマーで丸くする場合もありますが、このブックシェルフは側面の曲線がポイントですので、やすりで少し角を落としただけです。

④の写真
本の載る棚板は、2本のねじと2本の木ダボで固定しています。

⑤の写真
後ろ側です。
各部材もそこそこの精度で接合出来ました。

⑥の写真
底面です。
棚の背板はこのようにねじで固定しています。

⑦の写真
イラストのように、組み立てました。
接合部に木ダボを入れています。
直角が出ているか、差し金かスコヤで確認します。

家具ギャラリーへ戻る

Related projects