カントリードール-ペールとアヒル

つなぎを着せたくて作りました。実はこのドール、ドール本体よりも、抱いているアヒルの方の制作時間の方が多くかかっています。
アヒルの丸さを出すために、かなり時間をかけて頑張ったのですが、結果的に服を着せてしまったので、頑張った部分が全く、分からなくなってしまいました。
もっとも、このような徒労に近いことはいつものことなのですが・・・。

ドールのサイズ 約33cm

カントリードールのリスト

カントリードールの写真の説明

①の写真
キャスケットには、usaコットンを使用し、パッチワークをしています。

②の写真
全体のバランスを見て、キャスケットにもポイントがあればと思い、名前を紺色で刺繍することを思いつきました。

③の写真
このアヒルが何と言っても最大のポイントです。
服を着せているので全体のラインは解りませんが、首からお中の丸みと、くちばしのアールを表現するのがとても難しかったです。

④の写真
胸ポケットは3枚のパッチワークをして刺繍をしました。

⑤の写真
キルト綿で、ひざ当てを作りました。

⑥の写真
キャスケットの中に綿を入れ、ふわっとさせました。

⑦の写真
つなぎの下にもきちんと、白色のロングTシャツを着させています。
アンティークノカギをもたせました。

⑧の写真
この、アヒルは粘土で出来ています。
その立体の体に合わせてほっかむりと、ケープを作るのがとても楽しかったです。

⑨の写真
後ろ側のポケットもパッチワークをして、めりはりをつけました。

⑩の写真
撮影用に座らせるとアヒルが重く、傾いてバランスを取るのが大変でした。

⑪の写真
ポイントのアヒルの顔が、隠れています。

ドールギャラリーへ戻る

Related projects